ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

杵島商業(情報処理)


偏差値40( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)87.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 5477位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 717位/1200校( 学科単位 )
佐賀県 46位/82校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【佐賀県立杵島商業高等学校】
佐賀県立杵島商業高等学校(さがけんりつ きしましょうぎょうこうとうがっこう Saga Prefectural Kishima Commercial High School)は、かつて佐賀県杵島郡大町町に所在した公立の商業高等学校。通称は「杵島商業」(きしましょうぎょう)、「杵商」(きしょう)、「杵島」(きしま)であった。2018年(平成30年)4月、県立高校再編により、佐賀県立白石高等学校商業科キャンパスとなった。なお、杵島商業高等学校は2017年(平成29年)4月に最後に入学した生徒が卒業するまで存続し、2020年(令和2年)3月末をもって閉校した。
概要 ◇ 歴史 :1953年(昭和28年)に設置された「佐賀県立武雄高等学校大町分校」と「佐賀県立白石高等学校江北分校」の2校を前身とする。1959年(昭和34年)移管により、「佐賀県立佐賀商業高等学校杵島分校」となった後、1961年(昭和36年)に「佐賀県立杵島商業高等学校」として独立。2013年(平成25年)には創立60周年を迎えた。 :県立高等学校の再編により、2018年(平成30年)4月に佐賀県立白石高等学校商業科キャンパスが設置され、杵島商業高等学校は2020年(令和2年)3月末をもって67年の歴史に幕を閉じた。
◇ 設置学科 :全日制課程 2学科 :
・ 商業科 :
・ 情報処理科
◇ 校訓 :「信・愛・熱」(1991年(平成3年)制定) :
・信 - 信用の信。偽りのない情念を持って、あらゆることに真正面から取り組み、常に相手の立場を尊重し、理性を持って物事を判断し、生涯を通じて、誠実に行動すること :
・愛 - 欲望に左右される事なく、すべてのことに心を配り優しさを持って、自ら考え行動すること :
・熱 - 進取の気性に満ちたよりよき創造者として、知性を磨き教養を豊かにするため、熱い心で物事に打ち込むこと
◇ 校章 : 「キ」(「きしま」の頭文字)の文字を図案化したものを背景にして、中央に「商高」の文字(縦書き)を置いている。
◇ 校歌 : 1964年(昭和44年)に制定。作詞は前田清馬、作曲は江口保之による。歌詞は3番まであり、歌詞中に校名は登場しない。 : また、校歌とは別に「聖陵讃歌」がある。1961年(昭和36年)に制定。作詞は野村徹、作曲は小池幸子による。歌詞は3番まであり、歌詞中に校名は登場しない。
沿革 ・ 1953年(昭和28年)4月1日 - 以下の分校2校が設置される。
 ・ 「佐賀県立武雄高等学校 大町分校」(定時制、夜間 普通課程50名・夜間 商業課程50名、4年制)
 ・ 「佐賀県立白石高等学校 江北分校」(定時制、昼間 家庭課程50名・夜間 普通課程50名、4年制)
・ 1955年(昭和32年)12月6日 - 大町町、江北町議会において、両分校を統合の上、杵島高等学校を設置する旨が決議される。
・ 1959年(昭和34年)
 ・ 4月1日 - 江北分校の夜間普通課程を廃止。
 ・ 9月1日 - 上記の分校2校が佐賀県立佐賀商業高等学校に移管される。当面の間、1分校2校舎体制をとる。
  ・ 「佐賀県立佐賀商業高等学校 杵島分校 大町校舎」
  ・ 「佐賀県立佐賀商業高等学校 杵島分校 江北校舎」
・ 1960年(昭和35年)
 ・ 4月1日 - 夜間普通課程を廃止し、定時制昼間商業課程を設置。
  ・ この時の入学生から1学年あたり、昼間100名(商業50名・家庭50名)・夜間50名(商業のみ)、計150名となる。
 ・ 4月20日 - 大町町大字大町に統合校舎が完成。
 ・ 4月21日 - 大町校舎と江北校舎を閉鎖し、新校舎に移転を完了。
 ・ 4月23日 - 授業を開始。この日を開校記念日とする。
 ・ 4月25日 - 開校式を挙行。
・ 1961年(昭和36年)
 ・ 4月1日 - 佐賀県立佐賀商業高等学校から分離の上、定時制「佐賀県立杵島商業高等学校」として独立。
  ・ 家庭課程の募集を停止。この時の入学生の定員は昼間100名(商業のみ)、夜間50名(商業のみ)50名、計150名となる。
 ・ 12月 - 聖陵賛歌を制定。
・ 1962年(昭和37年)4月1日 - 定時制課程の募集を停止し、全日制課程に転換。1学級55名で募集定員を165名(3学級)とする。
・ 1963年(昭和38年)
 ・ 4月1日 - 募集定員を275名(5学級)とする。
 ・ この年 - 全国高等学校定時制通信制軟式野球大会で西九州代表として出場
・ 1964年(昭和39年)4月1日 - 募集定員を330名(6学級)とする。1学年6学級が最大となる。
・ 1965年(昭和40年)
 ・ 3月31日 - 定時制課程を廃止。
 ・ この年 - 在籍者数が最大の963名を記録。
・ 1969年(昭和44年)2月 - 校歌を制定。
・ 1979年(昭和54年)8月10日 - 同窓会館「聖陵(せいりょう)会館」が完成。
・ 1980年(昭和55年)4月1日 - 佐賀県内の高校で初めて男子制服をブレザーに改定。募集定員を1学級減じる(5学級となる)。
・ 1983年(昭和58年)4月1日 - 佐賀県内の高校で初めて女子制服をブレザーに改定。
・ 1989年(平成元年)3月14日 - 校舎全面改築第一期工事(特別教室棟等)が完成。
・ 1990年(平成2年) 3月5日 - 校舎全面改築第二期工事(普通教室棟・管理棟)が完成。
・ 1991年(平成3年)
 ・ 2月 - 第1回「杵の会」(卒業生を送る会)を実施。
 ・ 4月1日 - 情報処理科を設置(商業科4学級・情報処理科1学級)。
 ・ 10月 - 校訓「信・愛・熱」制定
・ 1992年(平成4年) - 佐賀県内の高校で初めて海外への修学旅行を実施(中華人民共和国 上海、無錫、蘇州)。
・ 1996年(平成8年)4月1日 - 制服と学生鞄を改定。
・ 1997年(平成9年)2月28日 - 体育館の全面改修工事が完了。
・ 2002年(平成14年)
 ・ 10月12日 - 創立50周年記念式典を挙行。
 ・ 12月4日 - 大町分校・江北分校跡に記念碑を建立。
・ 2003年(平成15年)
 ・ 4月1日 - 商業科を1学級減じる(商業科3学級・情報処理科1学級)。
 ・ この年 - 修学旅行の目的地を海外(中国)から国内(北海道のスキー研修)に変更。
・ 2005年(平成17年) - 商業科を1学級減じる(商業科2学級・情報処理科1学級)。
・ 2010年(平成22年) - 生徒の運営によるオンラインショッピングモール「学美舎」を開設。
・ 2018年(平成30年)4月1日 - 県立高校の再編による統合で「佐賀県立白石高等学校商業科キャンパス」が設置される。
 ・ 杵島商業高等学校としての商業科・情報処理科の募集を停止。
 ・ 2017年(平成29年)4月入学生が卒業するまで、杵島商業高等学校は存続される(白石高校商業科と併置の形をとる)。
・ 2020年(令和2年)3月31日 - 最後の卒業生(2017年(平成29年)4月入学生)を送り出し、閉校。
学校行事 3学期制
◇ 1学期
・ 4月 - 入学式、北山研修合宿(1年生)、新入生歓迎登山
・ 7月 - クラスマッチ、インターンシップ(2年生、7月下旬から8月中旬まで)
・ 8月 - 体験入学(中学3年生対象)
◇ 2学期
・ 9月 - 体育祭
・ 10月 - 生徒会会長選挙・生徒会役員改選
・ 11月 - 文化祭
・ 12月 - クラスマッチ
◇ 3学期
・ 1月 - 修学旅行(2年生)
・ 2月 - 県立高校前期入試(推薦)、卒業生を送る「杵の会」(きねのかい)
・ 3月 - 卒業式、県立高校後期入試(一般)
部活動 ◇ 体育部
・ 野球部
 ・ 2003年(平成15年)第76回選抜高等学校野球大会(2004年(平成16年)3月開催)で21世紀枠の推薦を受けた。
 ・ 2008年(平成20年)第81回選抜高等学校野球大会(2009年(平成21年)3月開催)で2回目の21世紀枠の推薦を受けたが、辞退。
・ ソフトボール部
・ 陸上競技部
・ バスケットボール部(男・女)
・ バレーボール部(女)- 新人戦などの大会でベスト4など、輝かしい成績を収めていた。
・ ソフトテニス部(男・女)
・ 柔道部
・ 卓球部(男・女)
・ ボクシング部 - 2009年(平成21年)に創部。県内3校目となる。
◇ 文化部
・ ブラスバンド部 - 吹奏楽コンクールでは、毎年入賞していた。
・ 情報処理部
・ 新聞部
・ 美術部
・ 茶道・華道部
・ 放送部
・ 英会話部
・ ビジネススキル部
◇ その他
・ JRC(日本青少年赤十字)活動は県内でも活発に活動を行っていた。
著名な出身者 ・ 福地寿樹(元プロ野球選手。広島東洋カープ - 西武ライオンズ - 東京ヤクルトスワローズ) :: スワローズ在籍時には、盗塁王のタイトルを複数回獲得した。
交通 ◇ 最寄りのバス停留所
・ 祐徳バス 「杵商高前」バス停から徒歩5分
◇ 最寄りの鉄道駅
・ JR九州
 ・ 「肥前山口駅」(長崎本線・佐世保線)から徒歩20分
 ・ 「大町駅」(佐世保線)から徒歩20分
◇ 最寄りの幹線道路
・ 国道34号 「杵島商高前」交差点
周辺 ・ ミニストップ佐賀江北町店(江北町)
・ セブンイレブン杵島商業高校前店
・ 古賀病院(江北町)
・ 大町東郵便局

「佐賀県立杵島商業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月27日14時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島