ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

島原農業(全科)


偏差値35( 1つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)68.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 7134位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 1000位/1200校( 学科単位 )
長崎県 108位/125校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【長崎県立島原農業高等学校】
長崎県立島原農業高等学校(ながさきけんりつ しまばらのうぎょうこうとうがっこう,Nagasaki Prefectural Shimabara Agricultural High School)は、長崎県島原市下折橋町に所在する公立の農業高等学校。学校の通称は「島原農業」、「島農」(しまのう)、「農高」。
概要 ◇歴史 :1952年(昭和27年)に開校した。2012年(平成24年)に創立60周年を迎えた。
◇校訓 :「誠実 勤労 創造」
◇スローガン :21世紀は「食」と「環境」と「福祉」の時代 :「前進 島農 あいさつ 掃除 日本一」
◇校章 :稲穂の上にはしご高の「高」(俗字体)の文字を置いている。
◇校歌 :作詞は宮崎康平、作曲は寺崎良平によるもの。歌詞は2番まであり、島原半島を代表する山、「雲仙岳」や、学校のふもとに広がる「有明海」、農業高校を思わせる「鍬(くわ)」が歌詞に入っている。各番とも「島原 島原 島原農高」で終わる。
◇設置課程・学科 :全日制課程 4学科(2019年度入学生まで) ::各科1学級。2年次よりコース制 :
・農業科学科 :
 ・作物・農業機械コース :
 ・産業動物(大動物)コース :
 ・社会動物(中小動物)コース :
  ・専門科目 - 農業と環境、畜産、作物、野菜、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営 :
  ・選択授業(3年) - 有機農業、農業機械、アグリビジネス、アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ :
・園芸科学科 :
 ・野菜コース :
 ・果樹コース :
 ・草花(草花・バイオ)コース :
  ・専門科目 - 農業と環境、野菜、果樹、草花、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営 :
  ・選択授業(3年) - 有機農業、農業機械、アグリビジネス、アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ :
・食品科学科 :
 ・食品製造コース :
 ・食品栄養コース :
  ・専門科目 - 農業と環境、食品製造、食品科学、微生物利用 :
  ・選択授業(3年) - アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、国語・数学、生活と福祉、音楽Ⅰ :
・生活福祉科 :
 ・福祉看護コース :
 ・ライフデザインコース :
  ・専門科目 - 農業と環境、生活と福祉、ファッション造形基礎、フードデザイン、生物活用 :
  ・選択授業(3年) - アニマルコミュニケーション、農業情報、食文化、食品製造、国語・数学、音楽Ⅰ :全日制課程 3学科(令和2年度入学生から) :: 各科1学級。2年次よりコース制 :
・農業ビジネス科 :
 ・動物コース :
 ・野菜コース :
 ・果樹コース :
  ・専門科目 - 農業と環境、畜産、野菜、果樹、農業機械、植物バイオテクノロジー、農業経営 :
  ・選択科目 - :
・食品サイエンス科 :
 ・食品製造コース :
 ・食品栄養コース :
  ・専門科目 - 農業と環境、食品製造、食品科学、微生物利用 :
  ・選択科目 - :
・生活創造科 :
 ・福祉看護コース :
 ・ライフデザインコース :
  ・専門科目 - 農業と環境、草花、生活と福祉、ファッション造形基礎、フードデザイン、生物活用 :
  ・選択科目 -
沿革 ・1952年(昭和27年)4月1日 - 「長崎県立島原農業高等学校」(現校名)が開校。全日制課程 農業科・畜産科・農村家庭科各1学級を設置(1学年3学級)。
・1958年(昭和33年)4月1日 - 農村家庭科を1学級増設(1学年4学級)。
・1963年(昭和38年)4月1日 - 農村家庭科を生活科に改称。
・1964年(昭和39年)4月1日 - 園芸科を1学級設置(1学年5学級)。
・1985年(昭和60年)- 総合落成記念式典を挙行。
・1991年(平成3年)4月1日 - 農業科・園芸科・畜産科を農業経営科・施設園芸科に改編し、生産流通科を新設。
・1993年(平成5年)4月1日 - 生活科を生活科学科に改編。
・2002年(平成14年)- 創立50周年記念式典を挙行。
・2004年(平成16年)4月1日 - 農業経営科・施設園芸科・生産流通科を農業科学科・園芸科学科・食品科学科に改編。
・2006年(平成18年)4月1日 - 生活科学科2学級を生活福祉科1学級に改編。
・2011年(平成23年)10月 - 第62回日本学校農業クラブ全国大会が長崎で行われる予定で、島原農業高校は「プロジェクト発表会」および「長崎の農業展」の事務局となっている。
・2012年(平成24年)- 創立60周年記念式典を挙行。
・2014年(平成26年) - 野球部が第134回九州地区高等学校野球長崎県大会で初優勝を果たす。
・2020年(令和2年)4月1日 ‐ 農業科学科・園芸科学科・食品科学科・生活福祉科を農業ビジネス科・食品サイエンス科・生活創造科に改編。
教育活動 ■体験学習

・海外・国内研修、先進地農業見学、インターンシップ、老人ホーム介護実習

■地域との連携

・「いのち」の教育(中学校との連携)
・ アニマルキッズクラブ(動物ふれあい)
・ 学校動物園
・ 福祉施設訪問
・ 雲仙百年の森づくり
・ エコ活動(羊による除草活動等)
・ スクールマーケット(地産地消)
・ 環境保全型農業
・ 新商品開発(島農ブランド)

■島農ブランド

・独自のブランド認定制度を設け、生徒の学習や研究成果を評価し、研究意欲を高める取り組みを行っている。
 ・2004年(平成16年)- SA holstein genetic challenge (ホルスタイン牛品種改良)、島農有機堆肥1号、島農有機ビワ
 ・2005年(平成17年)- 温泉トマト
 ・2006年(平成18年)- そうめん饅頭、対州馬、島農シクラメン、
 ・2007年(平成19年)- 装飾用草花生産、島農温泉マーマレード(甘夏が原料)、島農チーズケーキ
 ・2008年(平成20年)島農たまご
学校行事 3学期制
◇1学期
・4月 - 入学式、島農「春の市」
・5月 - 農業クラブ総会、家庭クラブ総会、歓迎遠足
・6月 - 県高校総体、農業クラブ県連大会
・7月 - 校内球技大会、インターンシップ
・8月 - 平和学習、農業クラブ九連大会
◇2学期
・9月 - 体育祭
・10月 - 産業視察研修(1年)、農業クラブ全国大会
・11月 - 農業祭(文化祭、プロジェクト学習・文化活動の展示や農産物や加工品の販売を2日間開催)
・12月 - 修学旅行(2年)、農高百首カルタ大会(小倉百人一首に近現代の短歌・生徒作品を加えた独自のカルタ大会)
◇3学期
・1月 - 課題研究発表会
・2月 - ふるさと散策(1年・2年)、校内プロジェクト発表会
・3月 - 卒業式、校内農業鑑定競技、校内意見発表会、校内球技大会
部活 ◇運動部
・野球部
・陸上部(男・女)
・バレーボール部(女)
・ハンドボール部(女)
・ソフトテニス部(女)
・テニス部(男)
・ラグビー部(男)
・弓道部(女)
◇文化部・生活部
・茶道部
・新聞・放送部
・美術部
・情報・科学部
・家庭科学部
・生活文化部
・島農和太鼓部
◇農事部
・作物部
・野菜部
・果樹部
・草花部
・食品加工部
・畜産部
・社会動物部
◇同好会
・国際研究同好会
著名な出身者 ・柴田保光(元プロ野球選手)
・柘植末利(フランス料理シェフ。プリンスホテル総料理長)
交通アクセス ◇最寄りの鉄道駅
・島原鉄道「島原駅」
◇最寄りのバス停
・ 島鉄バス 島原市内線「農高前」バス停
◇最寄りの道路
・長崎県道58号愛野島原線
周辺 ◇学校・保育施設
・長崎県立島原工業高等学校
・長崎県立島原高等学校
・長崎県立島原商業高等学校
・島原市立第一中学校
・島原市立第一小学校
・島原市立第二小学校
・島原活水幼稚園
・たけしま保育園
◇官公署
・島原市役所
・島原振興局
◇金融機関・郵便局
・下折橋簡易郵便局
◇歴史的建造物・寺院
・島原城
・島原武家屋敷街
・旧島原藩薬草園跡
・五社大稲荷神社
・本光寺
◇その他
・島原鉄工所
・雲仙自動車学校

「長崎県立島原農業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年11月28日21時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島