ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

熊本工業(電子)


偏差値54( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)140点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1726位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 173位/1200校( 学科単位 )
熊本県 23位/191校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【熊本県立熊本工業高等学校】
熊本県立熊本工業高等学校(くまもとけんりつ くまもとこうぎょうこうとうがっこう,)は、熊本県熊本市中央区上京塚町にキャンパスを置く県立工業高等学校。略称は「熊本工」、または「熊工」(くまこう)。熊本市内にある県立学校としては唯一の工業を専門とした高校である。
概要 ◇ 歴史 : 1898年(明治31年)に開校した「熊本県工業學校」を前身とする。「熊本県立工業學校」を経て、1951年(昭和26年)に現在の名称となった。2018年(平成30年)に創立120周年を迎えた。2021年(令和3年)4月時点での卒業生は約44,000名に達する。
◇ 設置課程・学科 : 全日制課程10学科、3学年30学級(定員は1学級40名)。 :: 機械科・電気科・電子科・工業化学科・繊維工業科・土木科・建築科・材料技術科・インテリア科・情報システム科 : 定時制課程3学科、4学年12学級(定員は1学級40名)。 :: 機械科・電気科・建築科
◇ 教育綱領(校訓) : 「明朗真摯・創意工夫・友愛協調」
◇ 校章 : 銀杏の葉を背景に、「工高」の文字(縦書き)を配している。
◇ 校歌 : 作詞は八波則吉、作曲は永井幸次による。2番まであり、校名は歌詞に登場しない。
◇ 校地・施設 : 寄宿舎「熊工寮」を有している。
◇ 特色 : 文部科学省のIT人材育成プロジェクトの研究指定校となっている。2011年度(平成23年度)は、前年度までの「未踏前進」加えて「工業人たる前に、まず良き人間たれ」を実践している。
◇ 同窓会 : 「熊工会」と称している。東京、東海に支部を置く。
◇ 制服 : 男子:金ボタン5個の黒学ラン、以前には学帽も制定された。女子:紺色のブレザーと白ブラウスに紺色のネクタイ。
沿革 ・ 1898年(明治31年)4月 - 「熊本県工業學校」が開校。
・ 1901年(明治34年)6月 - 「熊本県立工学學校」と改称。
・ 1934年(昭和9年) - 第20回 全国高等学校野球選手権大会 準優勝
・ 1937年(昭和12年) - 第23回 全国高等学校野球選手権大会 準優勝
・ 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により、「熊本県立工業高等学校」と改称。
・ 1951年(昭和26年)4月 - 「熊本県立熊本工業高等学校」(現校名)と改称。
・ 1960年(昭和35年)4月 - 定時制を設置。
・ 1996年(平成8年) - 第104回 全国高等学校野球選手権大会 準優勝
・ 1998年(平成10年) - 創立100周年
熊工野球部 熊工という名前を全国区に押し上げたものとして、吹奏楽部(特に全日本マーチングコンテストでは金賞10回、銀賞5回受賞)、陸上部、駅伝部、ラグビー部、卓球部などの部活動がある。その中でも、野球部が第一に挙げられる。 2021年現在でセンバツ21回、夏22回の計43回の甲子園出場を誇り、これは熊本県内の高校の中では、ダントツの甲子園出場回数となる。甲子園春夏通算勝敗は46勝43敗(春夏通算の甲子園出場回数、勝星数、秋の九州大会優勝回数はすべて九州No.1の好成績)で、夏準優勝3回・ベスト4が5回。なかでも1996年夏の決勝は高校野球ファンに対して印象深い試合である。卒部生としては川上哲治、吉原正喜、後藤次男、山森雅文、伊東勤、井上真二、緒方耕一、前田智徳、塩崎真、田中秀太、荒木雅博などがいる。2008年度の創立110周年記念事業の一環として、野球殿堂入りした川上哲治と吉原正喜の両名を称えるモニュメントが同校敷地内に建立された。
著名な卒業生 社会人野球選手
・ 奥村剛(埼玉西武ライオンズ球団社長)
・ 木村重太郎
・ 林幸義(元野球部監督)
・ 村上和幸
・ 吉浦貴志 サッカー選手
・ 堤隆裕
・ 赤星魁麻
・ 谷山湧人 バスケットボール選手
・ 森哲 バレーボール選手
・ 坂梨朋彦 柔道選手
・ 木村勝範 ラグビー選手
・ 森田栄一郎(元東芝府中;ブレイブ・ルーパス 日本選抜)
・ 中居智昭(東芝ブレイブ・ルーパス 日本代表キャップ11)
・ 竹内恵亮(コカ・コーラウエストレッドスパークス 九州代表)
・ 西村将充(コカ・コーラウエストレッドスパークス 九州代表 現:スカウト担当)
・ 松岡公法(コカ・コーラウエストレッドスパークス 九州代表 前FWコーチ)
・ 小田正浩(ホンダヒート) マラソン選手
・ 西本一也(第33回信毎マラソン優勝) 競輪選手
・ 合志正臣
・ 森内章之 プロレスラー
・ グレート草津
・唐揚げ大佐 アニメ関係者
・ わたなべひろし(アニメーター、アニメ演出家)
・ 平田智浩(アニメーター、アニメ演出家)
・ 山崎理(アニメーター、アニメ演出家)
・ 神志那弘志(アニメーター、アニメ演出家) 芸能人
・ 桂竹紋(落語家。元風犬ナンジャの江口幸久)
・ 宮田洋容(漫才師、宮田洋容・布地由起江) 政治家
・ 春田重昭(元衆議院議員)
・ 馬場成志(参議院議員) 実業家
・ 高崎義一(キズナジャパン創業者)
・ 四倉友弘(神峯電子社長)  三島良之ー熊本市議会議員 歯科技工士 その他
・ 角居洋司(技術コンサルタント)
・ 原幸雄(全日本マーチングバンド指導者協会公認指導員・本部検定委員・九州支部事務局長、現本校吹奏楽部指導者)

「熊本県立熊本工業高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月27日6時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター