ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

熊本西(理数)


偏差値54( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)140点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1726位/7792校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 173位/1200校( 学科単位 )
熊本県 23位/191校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【熊本県立熊本西高等学校】
熊本県立熊本西高等学校(くまもとけんりつ くまもとにしこうとうがっこう、Kumamoto Prefectural Kumamoto Nishi High School)は、熊本県熊本市西区城山大塘五丁目にある県立高等学校である。愛称は「西高」。
概要 ◇歴史 昭和40年代の熊本市圏における普通科の公立高等学校は、濟々黌高校・熊本高校・第一高校・第二高校・熊本市立高校(現:必由館高校)など、市の中心部及び東部に偏在する傾向があり、その偏在状態を緩和するため、1974年(昭和49年)に設立、1975年(昭和50年)に開校した。2009年(平成21年)に創立35周年を迎えた。
◇生徒数の推移 かつては1学年に11クラスという時期もあったが、2011年(平成23年)4月現在、1学年9クラスにまで生徒数は減少している。
◇設置課程・学科・コース 全日制課程 普通科・理数科の2学科。また、普通科の中に体育コースを設置。 2020年(令和2年)より理数科を改変、サイエンス情報科を創立。
◇校訓 「清・明・和」
◇校章 校名の「西」を図案化したもの。
◇校歌 作詞は初代校長の小管勇次、作曲は元熊本県立第一高等学校教諭の有馬俊一によるもの。3番まであり、各番とも「西高校」で終わる。他にも西高応援歌(作詞 - 麦田考秀(教諭)/ 補筆・作曲 - 岩代浩一)がある。
◇同窓会 「熊本県立熊本西高等学校同窓会西峰会(せいほうかい)」と称している。また、西高吹奏楽部(現:音楽部)OBが中心となって結成された市民吹奏楽団「WHO's ウインドアンサンブル」や宅地建物取引業に従事する卒業生の業界団体「宅建西峰会」、同窓会組織を母体に、藤崎八旛宮秋季例大祭に飾馬の奉納を行う「飾馬奉納 西峰會」もある。
沿革 ・1974年(昭和49年)
 ・10月1日 - 熊本県立熊本西高等学校が創立。募集定員を普通科4学級180名とする。 開設事務所を熊本県立熊本養護学校内(旧熊本県立熊本農業高等学校跡)に設置。
 ・10月5日 - 校訓(清・明・和)を制定。
 ・11月2日 - 校旗・校章を制定。
・1975年(昭和50年)
 ・4月1日 - 「熊本県立熊本西高等学校」(現校名)が旧熊本県立熊本農業高等学校跡(熊本市出水四丁目28)に開校。
 ・8月26日 - 新校舎・体育館・運動場が完成し、移転。
 ・11月8日 - 校歌を制定。
 ・11月15日 - 開校記念式を挙行。
・1976年(昭和51年)3月31日 - プールとクラブ室が完成。
・1977年(昭和52年)
 ・2月10日 - 管理棟、普通教室棟が完成。
 ・3月31日 - 武道場が完成。
・1984年(昭和59年)
 ・3月31日 - 学びの森が完成。
 ・9月28日 - 創立10周年を記念し、以下の記念事業を実施。
  ・「文化体育両道顕彰」碑を除幕。
  ・西高応援歌を制定・披露。
  ・西高太鼓を制定・披露。(作曲 - 福田隆)
・1986年(昭和61年)3月31日 - セミナーハウス「有朋館」が完成。
・1987年(昭和62年)3月7日 - 「白球の森」が完成。
・1988年(昭和63年)
 ・3月30日 - 校舎前の道路(東西線)を整備し、道路沿いにツツジを植樹。
 ・9月28日 - テレホンサービスを開始。
 ・10月13日 - 第1回韓国修学旅行を実施。
・1989年(平成元年)11月20日 - センテニアル高校(カナダ ブリティッシュコロンビア州)と姉妹校関係を結ぶ。
・1990年(平成2年)2月5日 - 「西蛍のせせらぎ」(ホタルの飼育設備)が完成。
・1991年(平成3年)4月1日 - 普通科1学級を普通科体育コースに改編。
・1992年(平成4年)12月13日 - 海外姉妹校カナダ・センテニアル高校他2校の生徒・関係者32名が交流を行う。
・1993年(平成5年)3月31日 - プールにドーム状のテント屋根が完成(雲仙普賢岳の噴火に伴う火山灰が長期に渡り飛来、沈殿したため)。
・1995年(平成7年)12月25日 - 新体育館が完成。
・2019年(令和元年)8月19日 - 理数科の「サイエンス情報科」への改編が決定。2020年度(令和2年度)より設置予定。
部活動 ■ 運動部

◎ なぎなた部
インターハイ優勝回数7回および5連覇はいずれも歴代最多記録である。
・1997年(平成9年)8月 - '97京都総体 なぎなた競技女子個人戦で優勝。
・1998年(平成10年)8月 - 四国'98総体 なぎなた競技三種目で完全優勝。
・1999年(平成11年)
 ・8月 - '99岩手総体 なぎなた競技 団体優勝。(2連覇)
 ・10月 - くまもと未来国体(なぎなた競技)が開催。
・2000年(平成12年)8月 - 2000年岐阜総体 なぎなた競技団体準優勝。
・2002年(平成14年)8月 - 2002年茨城総体 なぎなた競技団体で優勝(4回目)・個人戦準優勝。
 ・2005年(平成17年)
 ・3月 - 獅子旗西日本なぎなた大会で団体11連覇。
 ・8月 - 2005千葉きらめき総体 なぎなた競技団体優勝(5年連続7回目)
 ・12月 - 第36回熊日スポーツ大賞を受賞。
・2003年(平成15年)8月 - 長崎ゆめ総体 なぎなた競技団体で優勝。(5回目)
・2004年(平成16年)
 ・8月 - 中国04総体 なぎなた競技団体で優勝(4年連続6回目)、個人戦で優勝。
 ・10月 - 彩の国まごころ国体 なぎなた競技で優勝。
・2006年(平成18年)
 ・3月 - 獅子旗西日本なぎなた大会で団体12連覇。
 ・8月 - 06総体THE近畿 なぎなた競技団体優勝(5年連続7回目)
・2007年(平成19年)
 ・3月 - 第2回全国高等学校なぎなた選抜大会で優勝。
 ・8月 - 2007青春・佐賀総体 なぎなた競技団体で準優勝。
◎ ラグビー部

・全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に9回出場。
 ・1. 1995年(平成7年)12月 - 第75回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・2. 1996年(平成8年)12月 - 第76回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・3. 1999年(平成11年)12月 - 第79回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・4. 2000年(平成12年)12月 - 第80回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・5. 2001年(平成13年)12月 - 第81回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・6. 2003年(平成15年)12月 - 第83回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・7. 2004年(平成16年)12月 - 第84回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・8. 2008年(平成20年)12月 - 第88回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・9. 2011年(平成23年)12月 - 第91回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。
 ・2007年(平成19年)4月 に全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会に出場。
・陸上部
 ・2005年(平成17年)7月 - 世界ユース選手権(モロッコ)女子円盤投に出場。
・バレーボール部
・サッカー部
・野球部
 ・1985年(昭和60年)8月8日、第67回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に初出場。2回戦敗退。
 ・2019年(平成31年)、第91回選抜高等学校野球大会において、「21世紀枠」の熊本県推薦校に選出。その後九州地区の「21世紀枠」の候補に選ばれたのち、熊本県の学校として初の「21世紀枠」で選出され、センバツ初出場。
・水泳部
・ソフトテニス部
・卓球部
・剣道部
・柔道部
 ・2002年(平成14年)8月 - 2002年茨城総体 女子柔道競技団体戦において準優勝。
 ・2003年(平成15年)- 女子生徒(1名)がドイツジュニア柔道国際大会(女子78kg超級)で準優勝、フランスジュニア柔道国際大会(女子78kg超級)で優勝。
 ・2004年(平成16年)8月 - 中国04総体 柔道(女子78kg超級)で優勝。
 ・2005年(平成17年)2月 - オーストリア柔道国際大会女子(78kg超級)で優勝。
・ハンドボール部
・空手道部
・バドミントン部
・バスケットボール部

■ 文化部

・音楽部 - 以前は吹奏楽部という名称であったが、幅広い音楽をという意向で現在は「音楽部」に改名されている。 毎年3月下旬に定期演奏会を西高太鼓部と共に行っている。
・西高太鼓部
・化学部(写真)- 2002年(平成14年)、2004年(平成16年)、2005年(平成17年)の全国高等学校総合文化祭に出場。
・生物研究部 - 宇土半島に生息する外来種 「台湾リス」の調査活動がNHK熊本放送局のニュースで紹介された。
・物理部
・地学部
・美術部 - 2004年(平成16年)全国高等学校総合文化祭に出場。
・書道部 - 2002年(平成14年)、2004年(平成16年)、2006年(平成18年)全国高等学校総合文化祭に出場。
・文芸部
・茶道部
・手芸部
・英語部
・古典文学部(かるた) - 普段は百人一首などをメインに活動している。2002年(平成14年)、2005年(平成17年)全国高等学校総合文化祭に出場。
・放送部 - 2006年(平成18年)全国高等学校総合文化祭に出場。
・新聞部(休部)
・演劇部(休部)
年間行事 ・ 4月 - 入学式
・ 5月 - 体育大会、県高校総体、県高校総合文化祭
・ 7月 - 臨海実習(理数科)
◇2学期
・ 9月 - 創立記念祭
・ 11月 - 金峰山・本妙寺遠足
・ 12月 - 修学旅行(1年)
◇3学期
・ 2月 - 校内長距離走大会
事故・不祥事 ■ 死亡事故

・ 2018年11月18日 - 本校の野球部(打者)の2年生男子生徒(当時16歳)。
著名な出身者 ・ 権頭雄太朗 -劇団四季所属 ミュージカル俳優
・ 佐藤祐介 - サッカー選手(元:ロアッソ熊本)
・ 竹下敬介 - ラグビー指導者
・ 平島久照 - ラグビー選手
・ 徳永亮 - ラグビー選手
・ 渡辺郷 - ラグビー選手
・ 筬島直人 - ラグビー選手
・ 中村篤郎 - ラグビー選手
・ 橋本法史 - ラグビー選手
・ 積賢佑 - ラグビー選手
・ 宮家江美 - 女子柔道選手
・ 立山真衣 - 女子柔道選手
・ 白石響 - 女子柔道選手
交通・アクセス方法 ◇最寄りの鉄道駅
・ JR九州 鹿児島本線・豊肥本線 「熊本駅」- 学校からは比較的距離が離れている。
・ 熊本市交通局(路面電車)「田崎橋電停」- 学校からは比較的距離が離れている。
◇最寄りのバス停
・ 九州産交バス
 ・「西高校前」バス停(正門前だが、便数は非常に少ない)
 ・「西高校入口」バス停(熊本県道28号線沿いで、学校から多少距離があるが、便数は比較的多め)
◇最寄りの道路
・熊本県道28号熊本高森線、熊本県道237号小島新町線
・国道501号

「熊本県立熊本西高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月28日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター