ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

熊本市立必由館(普・国)


偏差値52( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)132.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2129位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 224位/1200校( 学科単位 )
熊本県 32位/191校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【熊本市立必由館高等学校】
熊本市立必由館高等学校(くまもとしりつ ひつゆうかんこうとうがっこう、英称:Kumamoto Municipal Hitsuyukan Senior High School)は、熊本県熊本市中央区坪井四丁目にある公立高等学校。略称は「必由館」、「必由(ひつゆう)」、大概の人は「ひつゆ」と呼んでいる。
概要 ■ 歴史
1911年(明治44年)に開校した熊本市立実科高等女学校(後に熊本市立高等女学校)を前身とする。数回の改称を経て、現校名になったのは2001年(平成13年)である。校名「必由館」の由来はこの地に、米田家子弟教育の家塾「必由堂」があったことから。 2011年(平成23年)に創立100周年を迎えた。

■ 学区
熊本市全域としている。

■ 設置課程・学科・コース
全日制課程 普通科 普通クラス(6学級)と、普通科 国際コース(1学級)・服飾デザインコース(1学級)・芸術コース(1学級)の3コース。 芸術コースは、音楽系(10名程度)・美術系(20名程度)・書道系(10名程度)の3系列に分かれている。

■ 校訓

・至誠をもって己を持す
・進取をもって事に当たる
・和敬をもって人に接す

■ 校章
銀杏の葉の2枚を組み合わせ、中央に四角で囲まれた「高」の文字(旧字体)を配している。

■ 校歌
作詞は山口白陽、作曲は梅沢信一による。3番まであり、歌詞に校名は登場しない。

■ 同窓会
「いてふ会」(読みは「いちょうかい」)と称している。
沿革 ・1911年(明治44年)4月 - 「熊本市立実科高等女学校」が開校。
・1922年(大正11年)4月 - 「熊本市立高等女学校」と改称。
・1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により、「熊本市立女子高等学校」となる。普通科と被服科を設置。
・1949年(昭和24年)4月 - 「熊本市立高等学校」と改称し、男女共学となる。
・1957年(昭和32年)4月 - 商業科(男子のみ)を設置。
・1959年(昭和34年)4月 - 商業科が熊本市立商業高等学校(現・熊本市立千原台高等学校)として分離独立。
・1973年(昭和48年)4月 - 15年ぶりに男女共学が復活。
・1989年(平成元年)4月 - セミナーハウス「和敬館」が完成。
・2001年(平成13年)4月 - 「熊本市立必由館高等学校」(現校名)に改称。学科をすべて普通科とし、国際コース・服飾デザインコース・芸術コースの3コースを設置。(被服科を廃止。)
・2007年(平成19年)3月 - 新校舎が完成。
・2011年(平成23年)11月 - 創立百周年記念式典。
・2023年(令和5年)予定 - 中高一貫校の熊本市立必由館附属中学校(仮称)設立。
学校行事 ◇1学期
・4月 - 入学式、対面式、部活動紹介
・5月 - 体育大会
・6月 - 熊本県高校総合体育大会(高総体)、熊本県高校総合文化祭、生徒会役員改選
・7月 - 弁論大会、クラスマッチ(クラス対抗球技大会)
・8月 - 夏期研修合宿
◇2学期
・9月 - 文化祭
・10月 -
・11月 - 芸術鑑賞会
・12月 - クラスマッチ
◇3学期
・1月 - 修学旅行
・2月 - 持久走大会
・3月 - 卒業式、音楽発表会、クラスマッチ
部活動 ■ 体育系

・陸上部
・弓道部
・剣道部
・テニス部
・ソフトテニス部
・バドミントン部
・水泳部
・野球部
 ・ 2003年(平成15年)第85回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に初出場。
 ・ 全国高校野球選手権県大会優勝 甲子園出場(平成15年度)
 ・ RKK旗争奪高校野球大会 優勝(平成17年度)
 ・ 九州地区高校野球熊本大会 優勝(平成19年度)
 ・ 全国高校野球選手権県大会 ベスト4(平成21年度)
 ・ 全国高校野球選手権県大会 ベスト8(平成22年度)
・ハンドボール部
 ・ 1958年(昭和33年)から1960年(昭和35年)まで全国高等学校総合体育大会で3年連続優勝。1984年(昭和59年)に全国高校ハンドボール大会で優勝。
・バスケットボール部
・バレーボール部
・ソフトボール部
・サッカー部
・卓球部
・ダンス同好会

■ 文化系

・美術部
・音楽部
 ・合唱団が2009年(平成21年)に第64回九州合唱コンクールで金賞を受賞
・書道部
・茶道部
・煎茶道部
・放送部
・吹奏楽部
・演劇部
・新聞部
・JRC部(Junior Red Cross)
・箏曲部
・文芸部
・化学部
・和太鼓部
 ・平成20年度 全国高等学校総合文化祭文部科学大臣賞受賞(最高賞)
 ・平成21年度 全国高等学校総合文化祭文部科学大臣賞受賞(最高賞)
 ・平成23年度 日本太鼓ジュニアコンクール文部科学大臣賞受賞
 ・平成24年度 全国高等学校総合文化祭文部科学大臣賞受賞(最高賞)
 ・平成28年度 全国高等学校総合文化祭文部科学大臣賞受賞(最高賞)
 ・平成23年度 日本太鼓ジュニアコンクール文部科学大臣賞受賞
 ・令和元年度 全国高等学校総合文化祭優秀賞 文化庁長官賞受賞
 ・令和3年度 全国高等学校総合文化祭優秀賞 文化庁長官賞受賞
・華道部
・和装文化部
・英語同好会
交通アクセス ■ 鉄道

・熊本電気鉄道 藤崎線 「黒髪町駅」

■ バス

・熊本電鉄バス(北1・2・3系統) 「坪井」バス停

■ 道路

・国道3号(薩摩街道・鹿児島街道)「必由館高入口」交差点
周辺 ・ 第一幼稚園
・ 熊本市立黒髪小学校
・ 熊本市立竜南中学校
・ 熊本県立済々黌高等学校
・ 熊本大学本部(黒髪北キャンパス)
・ 九州ルーテル学院大学
・ 坪井川
著名な出身者 ・ 岩貞祐太(プロ野球選手、阪神タイガース投手)
・ 田中大輝(元プロ野球選手、読売ジャイアンツ投手)
・ 馬原孝浩(元プロ野球選手、オリックス・バファローズ投手)
・ 山中浩史(元プロ野球選手、東京ヤクルトスワローズ投手)
・ 木村亜沙美(元女子バレーボール選手)
・ 巻加理奈(ハンドボール選手)
・ 平瀬真由美(プロゴルファー)
・ 小林優香(女子競輪選手)
・ 堀口元気(プロレスラー、DRAGON GATE)
・ いけだてつや(お笑い芸人、俳優)
・ 竹財輝之助(俳優)
・ 樫山結(ローカルタレント)
・ 広崎みさ(ローカルタレント)

・ ポチョムキン(ヒップホップ歌手、餓鬼レンジャー)
・ 下司愉宇起(歌手・指揮者・作詞家)

「熊本市立必由館高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年10月6日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター