ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

佐伯鶴崎(普通)


偏差値51( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)128.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2354位/7792校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 241位/1200校( 学科単位 )
大分県 14位/111校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大分県立佐伯鶴城高等学校】
大分県立佐伯鶴城高等学校(おおいたけんりつ さいきかくじょうこうとうがっこう, Oita Prefectural Saiki Kakujo High School)は、大分県佐伯市城下東町にある県立高等学校である。
設置学科 ・ 普通科
概要 旧佐伯藩城址を西にみる武家屋敷通りの一角にあり、付近には寺院も多い。 学校の歴史は古く、1911年(明治44年)創立の「大分県立佐伯中学校」と「大分県立佐伯高等女学校」を前身とする。佐伯中学校は、1910年(明治43年)南海部郡立佐伯中学校として創立され、1916年(大正5年)に県移管、大分県立佐伯中学校となる。また、佐伯高等女学校も1910年(明治43年)に佐伯町立実科佐伯女学校として発足。郡立学校を経て、1921年(大正10年)県立移管となり、大分県立佐伯高等女学校に改称したもので、それぞれ古い歴史と伝統を持つ。 現在の姿になったのは、1948年(昭和23年)の学制改革で、大分県立佐伯中学校と大分県立佐伯女子高等学校が合併して「大分県立佐伯第一高等学校」(新制高等学校)第1部・第2部となって以来である。1951年(昭和26年)に現校名の大分県立佐伯鶴城高等学校に改称した。 2011年(平成23年)に創立100周年を迎えた。 2017年(平成29年)にスーパーサイエンスハイスクールに指定。 「自治・信愛・剛健」を校訓に勉学と人格の涵養に励んでいる。
沿革 ◇ 旧制中学校(男子校)
・ 1910年(明治43年)6月 - 南海部郡立佐伯中学校の設置が認可される。
・ 1911年(明治44年)4月1日 - 佐伯町馬場に「南海部郡立佐伯中学校」が開校。本館が完成し、1・2学年が入学。
・ 1916年(大正5年)4月1日 - 「大分県立佐伯中学校」と改称。
・ 1925年(大正14年)4月 - 運動場が完成。
・ 1930年(昭和5年)9月 - プールが完成。
・ 1936年(昭和11年)5月 - 本館を改築。
・ 1941年(昭和16年)3月 - 新校舎6教室を増築。
・ 1948年(昭和23年)3月31日 - 閉校。
◇ 高等女学校
・ 1911年(明治44年)6月 - 佐伯町立佐伯尋常小学校内に「佐伯町立佐伯実科女学校」が開校。
・ 1918年(大正7年)4月1日 - 「南海部郡立佐伯実科高等女学校」と改称。
・ 1920年(大正9年)4月 - 佐伯市中村外に校舎を新築し移転。
・ 1921年(大正10年)4月1日 - 「大分県立佐伯高等女学校」と改称。
・ 1948年(昭和23年)3月31日 - 閉校。
◇ 新制高等学校
・ 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により、大分県立佐伯中学校と大分県立佐伯高等女学校の中等教育学校2校を統合し、「大分県立佐伯第一高等学校。
 ・ 8月 - 特別教室棟外部の大規模改造を実施。
・ 2003年(平成15年)8月 - 特別教室棟内部の大規模改造を実施。
・ 2004年(平成16年)
 ・ 3月 - 第2グラウンドの補修工事を実施。
 ・ 8月 - 体育センター(トレーニングセンター)大規模改造工事を実施。
・ 2011年(平成23年)- 創立100周年を迎えた。
・ 2017年(平成29年)4月 - スーパーサイエンスハイスクールに指定。
部活動 ◇ 運動部
・ 野球部、陸上部、体操部、水泳部、 剣道部、バスケットボール部(男・女)、バレーボール部(男・女)、ソフトテニス部(男・女)、サッカー部、バドミントン部、弓道部、卓球部
・ 主な成績
 ・ 野球部
  ・ 1965年(昭和40年)5月 - 九州高等学校野球選手権大会で優勝。
  ・ 1974年(昭和49年)8月 - 第56回全国高等学校野球選手権大会に出場。
  ・ 1986年(昭和61年)8月 - 第68回全国高等学校野球選手権大会に出場し、ベスト8に入る。
 ・ 陸上部
  ・ 2001年(平成13年)
   ・ 7月 - 第2回世界ユース陸上競技選手権大会(ハンガリー)の400mHで成迫健児が3位
   ・ 10月 - 第19回全九州高等学校新人陸上大会 男子総合優勝
 ・ 水泳部
  ・
  ・ 1956年(昭和31年)8月 - 昭和31年度日本高等学校選手権水泳競技大会(競泳・男子学校対抗)で優勝(2回目)
  ・ 1957年(昭和32年)8月 - 昭和32年度日本高等学校選手権水泳競技大会(競泳・男子学校対抗)で優勝(3回目)。
  ・ 1991年(平成3年)7月 - 玉竜旗高校剣道大会(男子)で準優勝。
◇ 文化部
・ 吹奏楽部、美術部、書道部、文芸部、放送部、科学部、茶道部、新聞部
◇ 同好会
・ 英語同好会
著名な出身者 ■ 野球

・ 繁里栄(元プロ野球選手)
・ 大橋衛(元プロ野球選手)
・ 阿南準郎(広島東洋カープ元監督)
・ 八木孝(元プロ野球選手)
・ 大石弥太郎(元プロ野球選手)
・ 野村謙二郎(広島東洋カープ元監督)
・ 廣瀬純(元プロ野球選手)
・ 山中正竹(バルセロナオリンピック野球日本代表監督、元法政大学・住友金属監督、全日本野球協会会長)
・ 若林重喜(元野球選手、バルセロナオリンピック銅メダリスト)
・野村昭彦(元野球選手)
・ 坂本保(元野球選手)

■ 競泳

・ 谷川禎次郎(元競泳選手、ヘルシンキオリンピック銀メダリスト)
・ 岩崎邦宏(元競泳選手、1964年東京オリンピック銅メダリスト)
・高橋栄子(元競泳選手、元220yバタフライ世界記録保持者)
・ 青木剛(シドニー・アテネオリンピック水泳代表監督、元日本水泳連盟会長)
・渡辺一平(競泳選手)

■ 陸上

・ 成迫健児(陸上競技選手)

■ 体操

・ 山脇恭二(元体操選手、ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト)

■ 経済

・ 御手洗毅(キヤノン初代社長)
・ 御手洗冨士夫(日本経団連会長、キヤノン会長、東京都立小山台高等学校へ転校)
・ 村上憲郎(Google Japan 名誉会長)
・ 榎徹(大分フットボールクラブ代表取締役)

■ 文化

・ 富永一朗(漫画家)
・ 清松みゆき(ゲームデザイナー、小説家、翻訳家、グループSNE所属)
・ 今井彰(プロデューサー)
・ 団塚栄喜(デザイナー)
・ 中津留章仁(劇作家)
・ 旭堂左南陵(講談師)
・ 神志名泰裕(政治ジャーナリスト、元NHK解説委員長)
・ 渡邉英徳(工学者、東京大学教授)
・ 小野正嗣(仏文学者、早稲田大学教授)
・ 戸高賢史(ミュージシャン、ART-SCHOOLのメンバー)

■ 芸能

・ 風戸佑介(俳優)
・ 大谷ノブ彦(お笑いコンビ「ダイノジ」)

■ その他

・ 田中利明(佐伯市長)
・ 江藤洋一(日本弁護士連合会副会長、法務省司法試験考査委員)

「大分県立佐伯鶴城高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月28日22時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島