ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

大分鶴崎(普通)


偏差値49( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)121.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2813位/7792校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 297位/1200校( 学科単位 )
大分県 22位/111校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大分県立大分鶴崎高等学校】
大分県立大分鶴崎高等学校(おおいたけんりつ おおいたつるさきこうとうがっこう, Oita Prefectural Oita Tsurusaki High School)は、大分県大分市南鶴崎三丁目に所在する県立高等学校。
設置学科 ・ 普通科
概要 ◇略称 :大分市内での通称は大分県立鶴崎工業高等学校(鶴工(つるこう))と区別するために、「鶴高」(つるたか)と呼ばれている。
◇歴史 :1910年(明治43年)創立の「大分県鶴崎高等女学校」と1942年(昭和17年)創立の「大分県鶴崎中学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革の際に、以上の2校と鶴崎工業学校が統合され、新制高等学校「大分県立鶴崎高等学校」が発足。工業科は1961年(昭和36年)に大分県立鶴崎工業高等学校として分離。2010年(平成22年)に創立100周年を迎えた。
◇校訓 :「克己・友愛・創造」- 1973年(昭和48年)制定。
◇校章 :星と校名に入る鶴を図案化したものを背景にして、中央に「高」の文字(旧字体)を置いている。
◇校歌 :作詞は河西新太郎、作曲は長谷川良夫による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「鶴崎高校」が登場する。
◇同窓会 :「鶴朋会」と称している。
沿革 ◇旧・鶴崎高等女学校
・1910年(明治43年)4月 - 鶴崎町立鶴崎高等小学校内に「附近六ヶ町村立鶴崎女子技芸補習学校」が開校。
・1911年(明治44年)4月 - 「鶴崎町他五ヶ町村学校組合立鶴崎実科高等女学校」と改称。
・1912年(明治45年)4月 - 「鶴崎町立鶴崎実科高等女学校」と改称。
・1921年(大正10年)4月 - 「鶴崎町立鶴崎実科高等女子学校」が廃校となり「鶴崎町立実業補習学校」が開校。
・1931年(昭和6年)5月 - 「大分鶴崎女子家政学校」と改称。
・1935年(昭和10年)4月1日 - 「大分鶴崎実科高等女学校」と改称。
・1944年(昭和19年)4月1日 - 中等学校令の改正により、「大分県鶴崎高等女学校」と改称。
・1948年(昭和23年)3月31日 - 閉校。
◇旧制・鶴崎中学校(男子校)
・1942年(昭和17年)
 ・3月 - 「大分県立鶴崎中学校」の設置が認可される。
 ・4月 - 開校。
 ・6月 - 「大分県鶴崎中学校」に改称(「立」が除かれる)。
・1948年(昭和23年)3月31日 - 閉校。
◇旧・鶴崎工業学校
・1906年(明治39年) - 鶴崎町に「私立工業徒弟養成所」が設立される。
・1915年(大正4年)- 移管により「大分郡立工業徒弟養成所」に改称。
・1923年(大正12年)- 移管により「大分県立工業学校鶴崎分校」に改称。
・1931年(昭和6年)- 大分県立工業学校から分離し、「大分県立鶴崎工業学校」として独立。
・1948年(昭和23年)3月31日 - 閉校。
◇新制・鶴崎高等学校
・1948年(昭和23年)
 ・4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)
  ・大分県立鶴崎中学校、大分県鶴崎高等女学校、大分県立鶴崎工業学校の中等学校3校を統合の上、「大分県立鶴崎高等学校」(新制高等学校)となる。
 ・11月 - 男女共学を開始。
・1950年(昭和25年)4月1日 - 統合により「大分県立東豊高等学校鶴崎校舎」となる。
・1953年(昭和28年)4月1日 - 再び「大分県立鶴崎高等学校」として独立。
・1961年(昭和36年)4月1日 - 工業科が分離の上、大分県立鶴崎工業高等学校として独立。
・1964年(昭和39年)4月1日 - 「大分県立大分鶴崎高等学校」(現校名)に改称。
・1965年(昭和40年)9月 - 管理棟が完成。
・1973年(昭和48年)11月21日 - 校訓を制定。
・1976年(昭和51年)3月 - 特別教室棟が完成。
・1981年(昭和56年)2月 - 第1体育館が完成。
・1985年(昭和60年)3月 - 入学試験において大分地区4校(大分上野丘・大分舞鶴・大分鶴崎・大分東)での合同選抜を開始。
・1990年(平成2年)3月 - 合同選抜制度の改正により、第七通学区となる(大分鶴崎・大分東の2校合同選抜)。
・1995年(平成7年)3月 - 合同選抜制度の廃止により、単独選抜を開始。大分県第三通学区となる。
・2000年(平成12年)9月 - 創立90周年記念式典を挙行。
・2002年(平成14年)2月 - 普通教室棟が完成。
・2004年(平成16年)2月 - 第2体育館が完成。
・2005年(平成17年)7月 - 普通教室にエアコンを設置。
学校行事 3学期制
◇1学期
・4月 - 始業式、入学式、歓迎遠足、実力考査
・5月 - 前期生徒総会、中間考査
・6月 - 大分県高等学校総合体育大会(高校県体)、実力考査、期末考査
・7月 - クラスマッチ(球技大会)、終業式
・8月 - 夏休み
◇2学期
・8月末 - 始業式、実力考査
・9月 - 翔鶴祭
・10月 - 中間考査、後期生徒総会
・11月 - 2年修学旅行
・12月 - 期末考査、クラスマッチ(球技大会)、終業式、冬休み
◇3学期
・1月 - 始業式、迎春祭
・2月 - 学年末考査
・3月 - 卒業式、高校入試、クラスマッチ(球技大会)、終業式、春休み
部活動 ◇運動部
・水泳部
・バスケットボール部
 ・女子バスケットボール部は、ウインターカップや高校総体に出場経験がある。
・バレーボール部(女)
・ハンドボール部(女)
・サッカー部(男)
・卓球部
・硬式テニス部
・ソフトテニス部(女)
・弓道部
・剣道部
・硬式野球部(男)
・陸上同好会
◇文化部
・コーラス部
・ギター・マンドリン部
・文芸部
・新聞部
・美術・写真部
・書道部
・放送部
・JRC (Junior Red Cross)
・茶道部
・ESS (English-Speaking Society)
・吹奏楽部
・舞台映像研究部
・家庭クラブ
・科学同好会
著名な出身者 ・三原修二(元本州四国連絡高速道路社長)
・杉崎美香(セント・フォース所属フリーアナウンサー)
・小米良啓太(タレント)
・一宮里絵(タレント)
・河田晃兵(サッカー選手・ヴァンフォーレ甲府)
・鴨川奨(元サッカー選手・名古屋グランパスエイト)
・生口明宏(サッカー選手・ヴェルスパ大分)
・三重野勝己(大分放送アナウンサー)
・林享(元競泳平泳ぎ選手・中京大学水泳部コーチ)
・石川紗衣(ハンドボール選手)
・楽駆(俳優)
・地主恵亮(フリーライター)
交通アクセス ◇最寄りの鉄道駅
・JR九州 日豊本線 「鶴崎駅」下車後、徒歩約15分
◇最寄りのバス停
・大分バス 「鶴崎」バス停
◇最寄りの道路
・国道197号(愛媛街道)
周辺 ・大分市立鶴崎小学校
・法心寺
・毛利空桑記念館(大分県指定文化財)
・乙津川
・大野川

「大分県立大分鶴崎高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年5月27日5時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター