ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

碩南(普通)


偏差値35( 1つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)68.75点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 7134位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 1000位/1200校( 学科単位 )
大分県 95位/111校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【大分県立碩信高等学校】
大分県立碩信高等学校(おおいたけんりつ せきしんこうとうがっこう)は、かつて大分県大分市上野丘二丁目にあった県立通信制高等学校。通信制課程だけの独立した高等学校としては、九州で唯一であった。
設置学科 ・ 普通科
・ 衛生看護科
・ 被服科
・ 科目履修生
沿革 ・ 1948年(昭和23年) - 大分県立大分第一高等学校(現大分上野丘高等学校)、中津第一高等学校(現中津南高等学校)の2校に通信教育部を設置。
・ 1951年(昭和26年) - 通信教育部を大分県立大分城崎高等学校(現大分県立大分商業高等学校)1校に移管。
・ 1954年(昭和29年) - 通信教育部を大分県立大分上野丘高等学校に再移管。
・ 1951年(昭和36年) - 通信制発足に伴い大分上野丘高等学校通信制課程となる。
・ 1968年(昭和43年) - 独立して大分県立碩信高等学校となる。
・ 1982年(昭和57年) - 専用校舎竣工。
・ 2001年(平成13年) - 単位制に移行。
・ 2010年(平成22年)3月7日 - 閉校。
所在地 ・ 大分県立大分上野丘高等学校と隣接していた。
高校再編 大分県教育委員会による前期高校再編整備計画に基づき、2010年度(平成22年度)に、本校と、定時制の大分県立大分中央高等学校、大分県立別府鶴見丘高等学校定時制の3校を統合して、大分市上野丘1丁目11番14号に大分県立爽風館高等学校が開校した。爽風館高校は3部制(定時制)課程と通信制課程を併置した単位制高校であり、本校は2009年度(平成21年度)で閉校して、在校生は2010年度(平成22年度)から爽風館高校に通学することとなった。

「大分県立碩信高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月29日16時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター