ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

秋田(理数)


偏差値68( 5つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)192.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 97位/7792校( 学科単位 )
東北地方 2位/759校( 学科単位 )
秋田県 1位/82校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【秋田県立秋田高等学校】
秋田県立秋田高等学校(あきたけんりつあきたこうとうがっこう)は、秋田県秋田市に所在する県立高等学校。通称は「秋高」(しゅうこう)。
概観 1873年(明治6年)に洋学校として設立され、旧学制下の中学校等を経て戦後の学制改革で新制高等学校となった。 学校当局が「現存する高校の中では全国で4番目の歴史を持つ」と主張していたこともあったが、現在では学制公布以後の創立校に限定しても少なくとも8番目以降の創立であることが判明している。 旧農業専修科が秋田県立大曲農業高等学校、旧定時制課程が秋田県立秋田東高等学校にそれぞれ独立した(年表を参照)。 戦前、対外試合等の場で生徒が「矢留(やどめ)軍」と自称し、野球部等のユニフォームにも「YADOME」と記していた時期があるため、他の高校の校史や郷土史関係の資料には「矢留中学」と誤記されることがある。 自主自律の精神が尊重されており、生徒主体の行事運営をはじめ活発な生徒会活動が行われているほか、昭和40年代から「応援の自由」「着帽の自由」「着装の自由」等を実現してきた。

■ 教育目標

・ 学力の充実
・ 品性の陶冶
・ 心身の錬磨

■ 教育方針
教育目標達成のため、
・ これまで培ってきた当校の伝統的精神を生かし、全人的な人間の育成に努める。
・ 生徒の自主性を尊重しつつ指導にあたり、学校を溌剌たる創造的な場とする。
・ 職員・生徒・保護者がそれぞれの立場から理想の学校づくりに参加し、全校一体の教育体制を確立する。
沿革 ■ 略歴
創立は1873年(明治6年)9月1日。秋田町東根小屋町日新学校内に設置された洋学科(洋学校と称する)に始まる。太平学校中学科、同変則中学科、秋田県師範学校中学師範予備科を経て、1882年(明治15年)7月1日に秋田中学校として独立。さらに秋田尋常中学校、秋田県第一尋常中学校、秋田県第一中学校を経て、1901年(明治34年)7月に秋田県立秋田中学校。戦後の学制改革により1948年(昭和23年)4月1日、秋田県立秋田南高等学校となったが、1951年(昭和28年)4月1日に改称し、現名に至る。

■ 年表

・ 1873年(明治6年)9月 - 秋田東根小屋町の日新学校内に洋学科を増設、洋学校として開校。
・ 1874年(明治7年)5月 - 伝習学校と統合し太平学校と改称。校舎を秋田東根小屋町の旧藩校明徳館跡に新築。洋学校を中学科に改称し、中学科(洋学校の後身)と伝習科(伝習学校の後身)を併置。
・ 1876年(明治9年)9月 - 中学科を変則中学科と改称。
・ 1882年(明治15年)
 ・ 3月 - 太平学校を秋田県師範学校に改称。変則中学科を中学師範予備科に改称。
 ・ 7月 - 中学師範予備科を廃して秋田中学校と改称。
 ・ 9月 - 秋田中学校開校。
・ 1886年(明治19年)8月 - 秋田尋常中学校と改称。
・ 1893年(明治26年)
 ・ 1月 - 校章を三剣菱章に改定。
 ・ 4月 - 農業専修科を設置。
・ 1895年(明治28年)4月 - 農業専修科が秋田県簡易農学校(現在の大曲農業高等学校)として分離独立。
・ 1898年(明治31年)4月 - 秋田県第一尋常中学校と改称。
・ 1899年(明治32年)4月 - 秋田県第一中学校と改称。
・ 1901年(明治34年)7月 - 秋田県立秋田中学校と改称。
・ 1916年(大正5年)5月 - 校旗制定。
・ 1922年(大正11年)7月 - 校歌制定。
・ 1936年(昭和11年)11月24日 - 秋田市東根小屋町から秋田市手形字深田(秋田県師範学校跡地)へ移転。
・ 1945年(昭和20年)
 ・ 9月19日 - 米軍に校舎が接収され、秋田市寺内の帝国石油鉱手養成所(通称石油学校)を代用校舎とする。
 ・ 12月5日 - 米軍に接収されていた校舎が焼失。
 ・ 12月22日 - 仮校舎として秋田市長野町の旧兵舎へ移転。
・ 1946年(昭和21年)
 ・ 2月12日 - 中通小学校・築山小学校・牛島小学校・明徳小学校を1〜4各学年の代用校舎とする  退職→秋田経法大附高校長  
 第33代  畑澤潤一  1985.4.1 - 1987.3.31  秋田  秋田県教育庁主幹。
◎ 校旗

・ 1915年(大正4年)、校旗初制定。旗地は塩瀬猩々緋、周囲の房は白絹糸。中央徽章は金糸縫。2本の条線は白絹糸。
・ 1945年(昭和20年)、上記校旗、進駐軍宿舎として接収されていた校舎の焼失と共に焼失。
・ 1955年(昭和30年)、新校旗樹立。紫を地に、中央に金糸刺繍の三剣菱章、地布の外側を金糸モールで囲んだもの。2本の条線はない。
◎ 制服・制帽

・ 概観・沿革に記したとおり、いずれも着装・着用は義務づけられていない。
◇ 男子 : 黒の学生服に所定のボタン(徽章を浮き彫りにした燻し金色の丸形ボタン)を付けたもの。衿の学年章、学級章は廃止。学校章(徽章)の佩用は任意。また制帽が存在し、所定の学生帽に2本の白線と徽章を付けたものとなっている。
◇ 女子 : セーラー型紺色ツーピース。衿と胸当てに灰色綿テープをつけ、上衣は前あき、3つボタン、スカートは前後3本のまわりひだにステッチを掛けたもの。夏季は上衣の身頃と袖を白シャークスキンとしたもの。制帽は存在しない。 服装規定の変遷(folding)
・ 服装規定の変遷。1968年(昭和43年度)の理数科創設以来、普通科と理数科は入学試験の時点から別々に募集していたが、1998年(平成10年度)からは両科を一括して募集し、1年時に行われる文系・理系のコース選択希望調査の際に理数科希望者を募り、2年生へ進級する際に普通科と理数科に分かれる「くくり募集」形式へと変わった。この制度移行の関係上、1998年(平成10年度)入学者は推薦入試が実施されていない(推薦入試は翌年から復活し、現在は後述の前期選抜の形式をとっている)。

■ 学年度・学期・日課

・ 学年度は4月1日から翌年の3月31日まで。教務、事務、人事、経理・会計、学校行事等は基本的に学年度を単位として組成されている。
・ 学年度を前後期に分ける2学期制を採用している。そのため、9月末から10月初旬にかけて数日間の「秋休み(秋季休暇)」が存在する。
・ 授業は55分6コマあるいは50分7コマ制。

■ 学区

・ 全県1学区。
・ 学制改革直後から2004年(平成16年度)まで実施されていた学区制期間中は、県北・県央・県南の3学区のうちの県央学区であった。

■ 定員

・ 前期選抜 32名
・ 一般選抜 283名
・ 後期選抜 0名 (2006年(平成18年度)入学生から) 1999年(平成11年度)までは一学年400名、全校生徒1200名を超えていたが、少子化に伴う全県的な中学生徒数減少の影響から、定員は削減傾向にある。2011年(平成23年)7月、秋田県教育庁高校教育課が2012年度に秋田高等学校普通科の学級を1つ削減すると発表。

■ 入学者選抜方式

・ 前期選抜 - 志願理由書、調査書、面接(国語・数学・英語の口述試験を含む)による総合判定。
・ 一般選抜 - 学力検査(国語、数学、英語、理科、社会の5科目)、調査書、面接による総合判定。 (2005年(平成17年度)入学生から) 学力検査に用いる検査問題は秋田県教育委員会作成の全県立高校共通のもの。 入学者選抜方式の推移(folding)
 期間  科  募集枠  選抜方式  学力検査内訳  備考
 不明 - 1966  普通科  一般  不明  9教科  
 1967  普通科  一般  学力検査、調査書による総合判定  国・数・英  1967年、学力検査科目削減
  1968 - 1980  普通科  一般  学力検査、調査書による総合判定  国・数・英   1968年、理数科設置
 理数科  一般  学力検査、調査書による総合判定  国・数・英
  1981 - 不明  普通科  一般  学力検査、調査書による総合判定  国・数・英・理・社   1981年、学力検査科目追加
1981年、国語に課題作文を導入
1984年、英語にリスニングを導入
 理数科  一般  学力検査、調査書による総合判定  国・数・英・理・社
  不明 - 1992  普通科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社   (導入年不詳)面接を導入
 理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社
  1993 - 1995  普通科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社   1993年、理数科に推薦入学枠設定
  理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社
 推薦  不明 

  1996 - 1997   普通科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社   1996年、普通科に推薦入学枠設定
 推薦  不明 

  理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社
 推薦  不明 

 1998  普通・理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社  1998年、括り募集開始
  1999 - 2004   普通・理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社   
 推薦  不明 

  2005 -    普通・理数科  一般  学力検査、調査書、面接による総合判定  国・数・英・理・社   2005年、3段階選抜開始
2005年、学区制廃止
 推薦(前期)  志願理由書、調査書、面接による総合判定 



■ 単位取得、進級及び卒業の認定方式

◇ 各科目の単位取得認定 : 定期考査成績、レポート等を総合して認定される。以下の場合は単位取得認定されない。 :
・ 当該科目の成績が甚だしく不良の場合。 :
・ 当該科目の欠課時数が多い場合。
◇ 進級認定 : 学年末において教育課程の履修成果が満足できると認められた場合、認定される。以下の場合は進級認定されず、留級となる。 :
・ 過年度を含めて、単位取得すべき科目のうち3科目以上の単位を未取得の場合。 :
・ 欠席日数が出席すべき日数の3分の1を超えた場合。 :
・ 欠課時数が多い場合。
◇ 卒業認定 : 最終学年末において教育課程の履修成果が満足できると認められた場合、認定される。最終学年単年度に関して上記進級認定の方式が準用されるほか、以下の場合も卒業認定されず、最終学年留級となる。 :
・ 所定の必須科目の単位を未取得の場合。 :
・ 所定の総単位数を取得できていない場合。
学校生活 ■ 学校行事

・ 秋高三大行事
 ・ 運動会
  ・ 毎年4月の後半に行われる体育祭。公開。入学時に決められた「紫雲隊(しうんたい)」「赤雲隊(せきうんたい)」「黄雲隊(おううんたい)」「白雲隊(はくうんたい)」の「四雲隊」(1年次に決定され、3年間変わらない)に分かれ、4軍対抗戦の形式で行われる。徒競走・騎馬戦・棒倒しなどのほか、チアリーダーの応援演技や教諭による教員対抗リレーなどの競技もある。
 ・ 秋高祭
  ・ 毎年7月上旬に2日間に渡り行われている文化祭。公開。全校生徒が部門に分かれて「開祭」「夜祭」の企画や出店、展示などを行う。昭和30年代からクラス毎にテーマを決めて造形で表現し、その出来を競うクラスデコレーションを実施してきたが、2010年(平成22年)は世相風刺に特化したクラスサタイア(class satire)に変更された。クラスサタイアは来場者や在校生などの投票により順位が決められ、その順位が後述する学級対抗の組み合わせ抽選の抽選順となる。また、1974年(昭和49年)から校舎正面に「大看板」(生徒の描いた美術の中に当年の秋高祭テーマを入れ込んだ、縦3間半、横7間半の大きさの看板)を設置するのを通例としていたが、安全上の観点から2008年(平成20年)より同様の大きさ、同様の意匠の垂れ幕に変更された。
 ・ 学級対抗
  ・ 毎年8月下旬に行われるスポーツ大会。非公開。クラス対抗戦の形式で野球やサッカーなど多種目の競技を行い、すべての競技の結果を合計・平均した総合成績が出される。なお、出場種目が早期に全て敗退したクラスは通常授業を行う。
・ その他
 ・ 対面式(4月)
 ・ 応援歌練習(4月)
 ・ 外部講師講演会
  ・ 講演を行った外部講師一覧(氏名右上に
・印を付したものはこの学校の出身者。括弧内の但書は講演当時のもの))
 ・ 第1回全国中等学校優勝野球大会(全国高等学校野球選手権大会〈夏の甲子園〉の前身)で準優勝、第47回全国高等学校野球選手権大会ではベスト4の成績をあげている。また、県内では全国大会最多出場回数(19回)を誇る。
・ 軟式野球(1947年(昭和22年)創部)
・ テニス(1962年(昭和37年)創部)
・ ソフトテニス(1900年(明治33年)頃校友会体育部庭球科として創設)
・ ラグビー(1924年(大正13年)全員が陸上競技部と掛け持ちという形で陸上競技部内に創部)
 ・ 全国高校選手権に通算6度出場、うち2度ベスト4へ進出している。
・ サッカー(1900年(明治33年)頃校友会体育部脚球科として創設)
・ バレーボール
・ バスケットボール
 ・ 1936年(昭和11年)日本バスケットボール協会主催全日本中等学校バスケットボール選手権大会中学校の部優勝。
・ 卓球(1946年(昭和21年)創部)
 ・ 卒業生に元世界チャンピオンの木村興治がいる。
・ 弓道(1958年(昭和33年)創部)
・ 山岳
 ・2003年(平成15年)、2004年(平成16年)及び2010年(平成22年)の全国高等学校総合体育大会において準優勝を経験している。
・ ボート(1900年(明治33年)校友会体育部漕艇科として創設)
・ 柔道(1892年(明治25年)校友会体育部柔術科として創設)
 ・ 1931年(昭和6年)東京高等師範学校主催全国中等学校柔道大会優勝。1938年(昭和13年)全国中等学校柔道選手権大会準優勝。
・ 剣道(1892年(明治25年)校友会体育部剣道科として創設)
 ・ 全国高等学校総合体育大会において2度の優勝を経験している。
・ 陸上競技
・ バドミントン(1951年(昭和26年)創部)
・ 水泳
・ スキー(1900年(明治33年)頃校友会体育部雪艇科として創設) 過去に存在した運動部(folding)
・ 過去に存在した運動部に所属し、生徒会費納入の義務を負う。生徒会はその最高規範である生徒会会則に基づき活動する。生徒会の運営機構はおおよそ以下のとおり。
・ 生徒総会
 ・ 全生徒会員(すなわち全校生徒)により構成される第一院であり、最高議決機関。総務の提出する予算案や行事案、その他学校生活上の重要案件等に関する議論・議決及び決算の承認などを行う。
・ 評議委員会
 ・ 生徒会役員、各クラス委員長、常置委員会代表(6名)、運動部委員会代表(2名)、 文化部委員会代表(2名)により構成される第二院。総務や常置委員会の活動報告・質疑応答、各種委員会委員の指名や承認等を行う。総会の代行議決機関でもある。委員会内で議長団(議長、副議長)が互選され、この議長団がそのまま生徒総会の議長団となる。
・ 生徒会総務
 ・ 一般にいう生徒会執行部。選挙により選任された生徒会役員(生徒会長、副会長(2名)、書記長、会計長)及び書記長により任命された書記(2名)、会計長により任命された会計(2名)により構成される。
・ 会計監査委員会
 ・ 選挙により選任された3名の会計監査委員によって構成される。生徒会会計全般に渡り、年度末または任意の時点で監査を行う。
・ 選挙管理委員会
 ・ 評議委員会議長が評議委員会の承認を得て全生徒会員の中から任命した5名の選挙管理委員によって構成される。生徒会における選挙、リコール、辞任に関するすべての事務を最高の権限をもって企画・施行する。
・ 常置委員会
 ・ 厚生、図書、風紀、視聴覚、学年部、進路の各委員会で構成される。総会と評議委員会の議決事項に基づき活動する運営機関。それぞれの委員会に各クラスから1名ずつ委員。また、4月には新入生に校歌や応援歌を教える「応援歌練習」を実施する。公募に応募し評議委員会により承認された生徒によって構成される。
・ 放送委員会
 ・ 選挙により選任された放送委員5名によって構成される。校内放送や諸行事・諸会議での映像音響管理・映像音響設備管理に関する企画・施行にあたる。
 ・ 放送委員会事務局
  ・ 放送委員及び放送委員が委託した若干名によって構成される。放送委員会の企画の実行に従事する。
 ・ NHK杯全国高校放送コンテスト、全国高等学校総合文化祭への出場経験がある。
・ 新聞委員会
 ・ 選挙により選任された新聞委員5名によって構成される。年6回以上「秋田高新聞」(「秋南高新聞」として1948年(昭和23年)創刊。1953年(昭和28年)、校名変更に伴い紙名変更)を発行する。全国高等学校総合文化祭への出場経験がある。
・ クラブ委員会
 ・ 運動部委員会
  ・ 各運動部1名ずつの代表によって構成される。
 ・ 文化部委員会
  ・ 各文化部1名ずつの代表によって構成される。
・ 予算委員会
 ・ 予算案策定時のみ組織される生徒会会則機関であり、生徒会役員、運動部委員会代表(3名)、文化部委員会代表(3名)によって構成される。議長は生徒会長。この委員会で策定された予算案が総務原案として総会に提出される。
・ 羽城編集委員会
 ・ 年度末の発行に向けて生徒会誌「羽城」(「校友会誌」として1893年(明治26年)創刊。1907年(明治40年)「羽城」へ誌名変更)の編集を行う臨時委員会。1・2年生各クラスから委員が選出される。
・ 行事企画委員会
 ・ 生徒会主催行事において企画の素案作りから運営管理まで多くの場面において実働的な役割を果たす常設機関。所属を希望する生徒によって構成される。なお秋高三大行事においては、行事企画委員会とは別個に各行事の実行委員会
 ・ 教職員
  ・ 教頭(1名。副校長職導入前は2名体制)
  ・ 教諭
  ・ 実習助手
  ・ 非常勤講師
 ・ 事務職員
  ・ 事務長
  ・ 事務職員
・ 生徒
 ・ 在校生徒による各組織については「学校生活」節を参照。

■ 高等学校関係者組織

・ 父母と教師の会
 ・ 略称PTA。1946年(昭和21年)11月24日父兄会設立。学制改革後の1948年(昭和23年)6月19日改めて父母と教師の会として発足した。会報「たかだい」を発行している。
 ・ 役員
  ・ 会長
  ・ 副会長(3名。うち1名は校長)
  ・ 会計監査委員(3名)
  ・ 常任委員(若干名)
  ・ 委員(若干名)
  ・ 事務局長
 ・ 会員
  ・ 在校生徒の保護者及び在職の教職員。
・ 同窓会
 ・ 1892年(明治25年)4月1日校友会として発足。1915年(大正4年)8月22日同窓会として校友会から独立した。本部のほか、年次別・居住地域別・職域別に支部が組織されている。会報「秋高同窓会だより」を年2回発行している。
 ・ 役員
  ・ 会長
  ・ 副会長(5名。うち1名は校長)
  ・ 幹事(若干名)
  ・ 常任理事(若干名)
  ・ 理事(若干名)
  ・ 監事(若干名)
  ・ 顧問(若干名)
  ・ 参与(若干名)
 ・ 通常会員
  ・ 卒業生及び在校したことのある者。
 ・ 特別会員
  ・ 在職職員及び職員であったことのある者。
施設 ■ 校地内

・ 校舎
 ・ 秋田市手形中台に移転・新築後、1981年(昭和56年)に理科棟校舎増築、さらに1986年(昭和61年)に新校舎が増築されたため、旧校舎と新校舎が渡り廊下で結ばれ、使用されている。1年生の教室は旧校舎に、2・3年生の教室は新校舎にある。増改築が繰り返されたため校舎内は大変広く複雑な構造になっている。旧校舎の方は備品含め校舎全体が古く、新校舎は秋田杉を活かした明るく開放的な空間が特徴。校長室、教職員室(通称:校務センター)、印刷室、会議室、保健室、事務室、生徒会室、放送室をはじめとした主要機能は新校舎に集中している。学校図書館は独立棟ではなく、校舎内に配置されている。
・ 体育館
 ・ 通称「大体育館」「小体育館」の2つがある。「大体育館」と同一の構造物内には、柔道場、トレーニング室、体育教職員室、音楽室が配置されている。「大体育館」は1961年(昭和36年)の新築後、改修(1982年(昭和57年)6月7日竣工。ステージの新設と柔道場の増築)及び改築(2010年(平成22年)1月8日竣工。耐震強度不足のため)が施されている。「小体育館」は創立90周年記念事業で同窓会員の寄付半額、県費半額により建設されたもので、講堂も兼ねている。
・ 格技場(剣道場)
 ・ 当初は「大体育館」2階に柔道場と併置されていたが、共に狭隘で不便であり、また格技が教育課程の正規科目として取り入れられたこともあり、1974年(昭和49年)剣道場を主目的とした格技場が新築された。
・ 弓道場
・ 部室棟
・ 研修会館(創立100周年記念事業で建設)
 ・ 部活動や生徒会活動の合宿等に利用される。研修会館開設以来、1階の食堂施設を使用して昼食時には学生食堂が営業されていたが、2009年(平成21年)3月19日営業終了。
・ 第2セミナーハウス(創立120周年記念事業で建設)
・ 校史資料館(創立120周年記念事業で建設)
・ グラウンド等
 ・ 第1グラウンド
 ・ 第2グラウンド
 ・ 野球場
 ・ 庭球コート
 ・ 屋内野球練習場(創立110周年記念事業で、建設費の全額を同窓会員の寄付により建設)
・ 駐輪場

■ その他

・ 艇庫(秋田市新屋砂奴寄2の2。秋田運河河岸)

「秋田県立秋田高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2020年8月16日4時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター