ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

樟南第二(商業)


偏差値33( 1つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)61.25点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 7569位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 1132位/1200校( 学科単位 )
鹿児島県 194位/216校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【樟南第二高等学校】
樟南第二高等学校(しょうなんだいにこうとうがっこう)は、鹿児島県大島郡天城町大字天城にある国内離島唯一の全日制私立高等学校で、鹿児島本土にある樟南高等学校の兄弟校である。
概要 大島地区で唯一の私立高校。全国でも珍しいと思われる「体験ダイビング」の体育授業がある。2021年度から硬式野球部監督に兄弟校樟南高校OBの我那覇悟志(二年の日大三戦で本塁打。三年で主将。)が就任し、野球部再生に力を注いでいる。
沿革 ・1966年(昭和41年) - 第二鹿児島商工高等学校として開校(商業科設置)。
・1967年(昭和42年) - 自動車科設置。
・1972年(昭和47年) - 機械科設置。
・1975年(昭和50年) - 体育館完成。
・1979年(昭和54年) - 徳之島商工高等学校と校名変更。
・1981年(昭和56年) - 学校食堂、売店落成。
・1984年(昭和59年) - 武道場落成。
・1995年(平成7年) - 礼法室完成。
・1997年(平成9年) - 兼久教室(商業科特進)開校。
・1998年(平成10年) - 商業科特進、本校内へ移転。トレーニングルーム完成。
・2000年(平成12年) - 普通科設置。エンジン実習室完成。
・2002年(平成14年) - 樟南第二高等学校と校名変更。自動車科と機械科を統合し工業科と変更。男子寮落成。
・2004年(平成16年) - 男子寮を女子寮に変更。瀬滝男子寮整備完了。
・2007年(平成19年) - 武道館完成。
・2010年(平成22年) - 平土野男子寮整備完了。
・2014年(平成26年) - 校舎、解体工事に着手。2015年4月までの新校舎完成に向けて工事。
・2015年(平成27年) - 新校舎完成。
建学の精神 ・博文約礼
設置学科 ・普通科
・商業科
・工業科
関連事項 ・鹿児島県の高等学校設立年表
・鹿児島県高等学校一覧
・日本の商業高等学校一覧
・日本の工業高等学校一覧
・樟南高等学校

「樟南第二高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月29日17時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島