ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

那覇国際(普通)


偏差値50( 3つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)125点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 2564位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 264位/1200校( 学科単位 )
沖縄県 4位/41校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【沖縄県立那覇国際高等学校】
沖縄県立那覇国際高等学校(おきなわけんりつ なはこくさいこうとうがっこう)は、沖縄県那覇市天久一丁目にある県立高等学校。略称は「那覇国」(なはこく)、「国際」(こくさい)。かつて文部科学省主導のスーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校であった(2016年度〜2020年度)。
概要 那覇新都心の中央に位置し、同地区で最も早くに建設された施設でもある。沖縄県立高校でもっとも新しく、校舎内はバリアフリー設計や、全館空調施設を完備、太陽光を利用したシステムなど、最新設備を多彩に取り入れている。 県内の全日制普通科を置く高校としては初めて2学期制を導入するなど、カリキュラムの面でも独自性を打ち出している。沖縄県有数の公立進学校の一つである。地元では県立開邦高等学校(Kaiho)、県立球陽高等学校(Kyuyo)、県立向陽高等学校(K'ouyo)の公立進学校をまとめて3Kと呼んでいるが、近年それに当校(NahaKokusai)が加えて4Kと呼ばれることもある。午前7:30から開始の早朝講座(0時限)、夏季講座など学力向上に力をいれている。校是は「右文尚武」、校訓は「自主・敬愛・飛躍」である。 普通科(文系)、国際科ともに2年次に第二外国語を選択履修することができ、フランス語、スペイン語、中国語、のうちから一つを選択する。以前までは両学科2年次の選択必修科目だったが、現在では他科目も選択肢にあるため、現在は全員が第二外国語を必修という事ではない(国際科のみ必修)。
◇校舎
・校舎は1棟で構成されており、中心から三方が突き出したテトラポッドのような形をしている。
・2階中央にサーバが設置され、校内LANが構築されている、いわゆるインテリジェントビルである。
・夏服・・・男女共に、白のポロシャツ。黒地に水色・グレー・ブラウンのタータン・チェックのパンツ(男女)又はスカート(女)。
・冬服・・・男女共に、藍色のブレザー。水色(正確には白地に水色・ブラウンの細かいギンガム・チェック)のブラウス。青・グレー・ブラウンのボーダーのネクタイ。パンツ・スカートは夏服と同じ。
・合着(年中着用可)・・・冬服からブレザーを除いたものが合着となる。 その他、夏・冬ともに学校指定のアイボリー地のベストがあり、年中着用可。ただし学校行事であっても着用の義務があるわけでもないので、購入しない学生もいる。 開校以来変更はないが、2006年(平成18年)の冬服衣替え時に女子のパンツ着用が許可された。
沿革 ・ 1996年(平成8年)11月 - 定例県教育委員会で県立那覇G高等学校(仮称)の設置方針及び名称を決定
・ 1997年(平成9年) 3月 - 那覇国際高校 着工
・ 1998年(平成10年)4月8日 - 沖縄県立那覇国際高等学校開校
・ 2001年(平成13年)3月1日 - 第1回卒業式(普通科307名 国際科38名 計345名)
・ 2002年(平成14年)11月22日 - 開校5周年記念式典・祝賀会・講演会
・ 2007年(平成19年)11月25日 - 創立10周年記念式典・祝賀会・講演会
・ 2017年(平成29年)11月12日 - 創立20周年記念式典・祝賀会
設置学科 ・ 普通科 定員320名
・ 国際科 定員40名 (国際科は県内全域から受験可能)
部活動・同好会 ■ 運動系

・ 男子バレーボール部
・ 女子バレーボール部
・ 男子バスケットボール部
・ 女子バスケットボール部
・ 男子卓球部
・ 男子サッカー部
・ 女子サッカー部
・ 男子バドミントン部
・ 女子バドミントン部
・ 女子ソフトボール部
・ なぎなた部
・ 剣道部
・ 空手道部
・ 陸上部
・ 男子ハンドボール部
・ 女子ハンドボール部
・ 男子硬式テニス部
・ 女子硬式テニス部
・ 野球部
・ 水泳部
・ 女子アーチェリー部
・ 体操部
・ ボクシング同好会
・ ダンス部

■ 文化系

・ 吹奏楽部
・ 合唱部
・ 放送部
・ 美術部
・ 英語ディベート部
・ 軽音部
・ 茶道部
・ 映画研究部
・ 囲碁・将棋部
・ 書道部
・ クッキング部
・ 生物部
・ 競技かるた部
・ ボランティア部
・ 文芸部
・ 物理同好会
・ クリエイティブ同好会
・ 社会研究同好会
・ クイズ同好会
年間行事 ・ 4月:始業式、入学式、遠足(2・3年)、校内研修(1年)、新入生歓迎行事
・ 5月;1学期中間考査
・ 6月:文化祭(または体育祭)
・ 7月:1学期期末考査、校内弁論大会(国語・英語)、終業式、7月夏季講座(必修)、三者面談
・ 8月:8月夏季講座(必修)、始業式
・ 9月:2学期中間考査
・ 10月:3学年レク
・ 11月:1年理系フィールドワーク、2学期期末考査
・ 12月:1学年レク、1年文系フィールドワーク、2学年レク、終業式
・ 1月:始業式
・ 2月:3学期学年末考査
・ 3月:卒業式、2年海外研修、合唱祭、終業式・離任式、春季講座
著名な出身者 ・玲実くれあ(元宝塚歌劇団・月組娘役)
・川上一道(クラリネット奏者)
・兼次映利加(ジャーナリスト)
・玉城大志(俳優)
・大城駿斗(元プロ野球選手・琉球ブルーオーシャンズ)
交通 ◇ モノレール
・ 沖縄都市モノレール線おもろまち駅より徒歩15分。
◇ 路線バス
・ 那覇国際高校前バス停(正門前)
 ・ 99番・天久新都心線 (琉球バス交通)
・ 安謝一丁目バス停
 ・ 10番・牧志新都心線 (那覇バス)
 ・ 99番・天久新都心線 (琉球バス交通)
・ 合同庁舎前バス停
 ・ 3番・松川新都心線 (那覇バス)
 ・ 7番・おもろまち線 (沖縄バス)
 ・ 10番・牧志新都心線 (那覇バス)
 ・ 11番・安岡宇栄原線<新都心経由のみ> (那覇バス)
 ・ 21番・新都心具志川線 (琉球バス交通)
 ・ 200番・糸満おもろまち線 (沖縄バス)
 ・ 223番・具志川おもろまち線 (琉球バス交通)
 ・ 227番・屋慶名おもろまち線 (琉球バス交通・沖縄バス)
 ・ 228番・読谷おもろまち線 (琉球バス交通・沖縄バス)
 ・ 235番・志多伯おもろまち線 (沖縄バス)
 ・ 263番・謝苅おもろまち線 (琉球バス交通)
 ・ 287番・てだこおもろまち線 (沖縄バス)

「沖縄県立那覇国際高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年10月2日19時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター