ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

知念(普通)


偏差値40( 2つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)87.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 5477位/7791校( 学科単位 )
九州・沖縄地方 717位/1200校( 学科単位 )
沖縄県 19位/41校( 学科単位 )
公立/私立公立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【沖縄県立知念高等学校】
沖縄県立知念高等学校(おきなわけんりつ ちねんこうとうがっこう)は、沖縄県島尻郡与那原町字与那原にある県立高等学校。校名の「知念」は知念村(現南城市)にて開校したことが由来である。1952年に現在地である与那原町に移転したが、校名は変更されなかったため、住所と校名が一致しないということになっている。
沿革 ・ 1945年
 ・ 11月16日 - 知念市志喜屋(現南城市知念字志喜屋)に開校。
 ・ 12月7日 - 知念市百名(現南城市玉城字百名)へ移転。
・ 1946年
 ・ 2月12日 - 大見武分校を大里村大見武(現与那原町字大見武)設置。
 ・ 4月1日 - 玉城村親慶原(現南城市玉城字親慶原)へ移転。
 ・ 5月10日 - 大見武分校を首里高等学校へ移管。
・ 1949年7月23日 - 台風により学校施設のほぼ全てが崩壊。
・ 1952年2月17日 - 与那原町字与那原へ移転(現在地)。
・ 1956年4月3日 - 定時制課程を設置。
・ 1963年4月1日 - 一般職業科を商業科に転科。
・ 1972年5月15日 - 沖縄返還により沖縄県立知念高等学校となる。
・ 1974年3月31日 - 定時制課程を沖縄県立南部商業高等学校へ移管。
設置学科 ・ 普通科:8クラス(320人)
著名な卒業生 ・ 宮城能鳳 - 組踊実演家、人間国宝
・ 津波信一 - ローカルタレント
・ 山田哲也 - 教育社会学者、一橋大学社会学部教授
・ 仲里利信 - 衆議院議員、沖縄県議会議長
・ 高良勉 - 詩人
・ 儀武ゆう子 - 声優
・ 知念慶 - サッカー選手
・新垣雄久- 元沖縄県副知事
・端慶覧長方- 元沖縄県議会議員・沖縄社会大衆党委員長
交通 知念高校前バス停すぐ。路線詳細は沖縄本島のバス路線を参照。
・ 36番・糸満~新里線 (沖縄バス)
・ 37番・那覇新開線 (東陽バス)
・ 38番・志喜屋線 (東陽バス)
・ 39番・南城線 (沖縄バス)
・ 41番・つきしろの街線 (沖縄バス)
・ 191番・城間(一日橋)線 (東陽バス)
・ 338番・斎場御嶽線 (東陽バス)
・ NバスHルート (南城市が沖縄バスへ委託運行)

「沖縄県立知念高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年9月27日13時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター