ヘッダイメージ
東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
※ メニュー先より、全国の高校・公立高校・私立高校の入試偏差値ランキング一覧が確認できます(全国区の難関校が上位に表示されます)。また、地図上のリンク先で都道府県ごとの高校、色分けされた左上のリンク先で地方限定による高校の偏差値ランキングを表示させる事ができます(地元の進学校や受験する高校の偏差値等が分かります)。

明桜(文理)


偏差値56( 4つ星評価 )
5教科合計概算(250点満点)147.5点
※平均125点 標準偏差15として計算
偏差値順位全国 1395位/7791校( 学科単位 )
東北地方 99位/759校( 学科単位 )
秋田県 18位/82校( 学科単位 )
公立/私立私立
男女共学
※記載の値はサイト独自に算出したデータであり、
ひとつの目安として参考程度にとどめてください。
【学校掲示板】 1件目の書込みをお願いします。



【ノースアジア大学明桜高等学校】
ノースアジア大学明桜高等学校(ノースアジアだいがくめいおうこうとうがっこう)は、秋田県秋田市下北手桜字守沢にある私立高等学校。設置主体は学校法人ノースアジア大学。
概要 1953年(昭和28年)に秋田短期大学付属高等学校として創立。 秋田経済法科大学附属高等学校、明桜高等学校などの学校名変更を経て、2020年(令和2年)に現校名となる。 「努力が人を作る」、「情熱と闘志で最善を尽くす」を校是とし、国際的視野に立って社会生活を送れる人間の育成を目指している。 野球部、サッカー部をはじめとした部活動の強豪校として知られる。
設置科 ・普通科
 ・特別進学コース
 ・文理コース
 ・総合研究コース
沿革 ・1953年4月 - 「秋田短期大学附属高等学校」として開校
・1957年4月 - 「商業科」増設
・1964年
 ・4月 - 「秋田経済大学附属高等学校」に改称
 ・12月 - ユネスコ国際理解教育共同学校指定校となる
・1969年4月 - 「自動車工学科」増設
・1976年3月 - カナダと文化交流行事を開始
・1979年5月 - 特別研修棟完成(茨島旧校舎)
・1980年7月 - 学園総合移転計画を発表
・1981年
 ・5月 - 「中国研修の船」開始
 ・8月 - 学園移転造成工事起工式
・1983年4月 - 「秋田経済法科大学附属高等学校」に改称
・1986年2月 - 校舎を現在地に移転
・2007年3月 - 「商業科」閉科
・2007年4月 - 「明桜高等学校」に改称
・2009年3月 - 「自動車工学科」閉科
・2016年4月 - 「体育コース」開科
・2019年4月 - 「体育コース」閉科
・2020年4月 - 「ノースアジア大学明桜高等学校」に改称

■ 歴代校長

代数  氏名  在任期間  前職  備考
 初代  中川秀松  1953.1 - 1958.3  角館高校 校長  
 第2代  又井盛治  1958.4 - 1970.3     
 第3代  山本一  1970.4 - 1973.3  秋田高校 校長   
 第4代  和田勝太郎  1973.4 - 1978.3     
 第5代  青柳吉隆  1978.4 - 1982.3     
 第6代  高山岩男  1982.4 - 1986.3  秋田経済大学 学長  
 第7代  秋山光雄  1986.4 - 1992.3  秋田高校 校長  新校舎で開校後、就任
 第8代  水澤研一  1992.4- 1997.3     
 第9代  湯川敬治  1997.4 - 2001.3     教頭から昇格
 第10代  池田好道  2001.4 - 2005.3  秋田高校 校長
→ 本校副校長  
 第11代  下村一男  2005.4 - 2006.7  秋田北高校 校長  武塙校長時代には、法人の「学園長」へ就任。
 第12代  武塙宗吉  2006.8 - 2007.3     2007年4月、秋田看護福祉大学に転出し、事務部長に就任。
 第13代  嶋田耕也  2007.3 - 2009.3     (併)ノースアジア大学経済学部教授
 第14代  古谷元人  2009.4 - 2012.3     2013年4月、ノースアジア大学へ転出し、経済学部専任講師に就任。
 第15代  近藤和裕  2012.4 - 2015.3     校長就任と同時に、ノースアジア大学経済学部専任講師を併任し、校長退任後は大学専任
 第16代  花田富士夫  2015.4 - 2020.3     (併)ノースアジア大学法学部教授
 第17代  山田芳浩  2020.4 -      
部活動 ■硬式野球部
秋田県内の私立高校としては唯一の甲子園出場経験校。 甲子園での最高成績は1989年夏の甲子園のベスト4。
・全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)10回出場
 ・   1981年夏の甲子園初出場
 ・   1982年夏の甲子園2回目
 ・   1987年夏の甲子園3回目
 ・   1989年夏の甲子園4回目(ベスト4)
 ・   1990年夏の甲子園5回目
 ・   1993年夏の甲子園6回目
 ・   1996年夏の甲子園7回目
 ・   2009年夏の甲子園8回目
 ・   2017年夏の甲子園9回目
 ・   2021年夏の甲子園10回目
・選抜高等学校野球大会(春の甲子園)5回出場
 ・   1981年春の甲子園初出場
 ・   1990年春の甲子園2回目
 ・   1993年春の甲子園3回目
 ・   2000年春の甲子園4回目
 ・   2002年春の甲子園5回目

■男子サッカー部
秋田県内の私立高校としては唯一の高校サッカー選手権大会出場経験校。
・全国高等学校サッカー選手権大会(高校サッカー選手権大会)4回出場
 ・   第63回高校サッカー選手権大会初出場
 ・   第66回高校サッカー選手権大会2回目
 ・   第72回高校サッカー選手権大会3回目
 ・   第99回高校サッカー選手権大会4回目
著名な出身者 前身の秋田短期大学附属高等学校時代からのものを含む。
・石川光男 - 潟上市長(旧・天王町長)
・一ノ関史郎 - 重量挙げ選手、書道家(法政大学 - 秋田県職員 1964年東京、1968年メキシコ五輪代表)
・ 進藤金日子 - 参議院議員、総務大臣政務官
・松本豊 - 元プロ野球選手(住友金属 - 大洋・横浜)
・水沢英樹 - 元プロ野球選手(広島)
・中川申也 - 元プロ野球選手(阪神)
・小野仁 - 元プロ野球選手(日本石油 - 巨人 - 近鉄)
・鎌田祐哉 - 元プロ野球選手(早稲田大学 - ヤクルト - 楽天 - 台湾・統一)
・小山桂司 - 元プロ野球選手(秋田経済法科大学中退 - シダックス - 日本ハム - 中日 - 楽天)
・加藤光教 - 元プロ野球選手(法政大学 - 中日)
・木村優太 - 元プロ野球選手(東京ガス - ロッテ)
・攝津正 - 元プロ野球選手(JR東日本東北 - ソフトバンク)
・砂田毅樹 - プロ野球選手(DeNA)
・山口航輝 - プロ野球選手(千葉ロッテマリーンズ)
・風間球打 - プロ野球選手(福岡ソフトバンク)
・秋山隆之 - 元サッカー選手(立正大学 - 名古屋グランパスエイト)
・照井貴大 - ラグビー選手、リコーブラックラムズ所属。
・塩屋透 - 元バスケットボール選手(秋田経済法科大学 - いすゞ自動車)
・今美春 - バスケットボール選手(日本体育大学 - 富士通 - 秋田県体育協会)
・有明葵衣 - バスケットボール選手(筑波大学 - 富士通)
・田口成浩 - バスケットボール選手(富士大学 - 秋田ノーザンハピネッツ - 千葉ジェッツふなばし)
・渡辺浩稔 - 柔道家
・川口雄介 - 総合格闘家(順天堂大学 - 池袋 BLUE DOG GYM)
・佐藤洋一郎 - プロ格闘技選手 第3代修斗環太平洋ミドル級チャンピオン(カタナジム所属)
・佐藤豪則 - 総合格闘家 第6代ウェルター級キング・オブ・パンクラス王座
交通 ・ JR東日本(奥羽本線・羽越本線)秋田駅より徒歩40分
・ 秋田中央交通 桜台線 430系統(秋田駅東口 - 城東消防署前 - 桜台中央公園前)で、宗入寺霊園前下車、徒歩10分程度
・ 秋田中央トランスポート 秋田市マイタウン・バス下北手線 (大学病院前 - 宝川上丁)で「谷崎入口」下車、正門まで徒歩8分程度
・ 学校法人ノースアジア大学が運行するシャトルバスでいくことも可能。運行時間は、大学法人側に確認が必要。

「ノースアジア大学明桜高等学校」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.wikipedia.org/)。2022年8月14日17時(日本時間)現在での最新版を取得。

東北地方 北海道
関東地方
中部地方
近畿地方 青森
中国・四国地方 秋田 岩手
九州・沖縄地方 山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


楽天ウェブサービスセンター